口臭

キスを避けられたら臭いかも?10秒でできるキスの準備

キスを避けられたら臭いかも?トイレでできるキスの準備

キスをしようとしたら顔を背けられた!そんな経験をしたらショックですよね。
思い当たる人がいたら、それはあなたとキスをする時の臭いが気になるからかもしれません。

今日はキスをするかもしれない日に10秒でできる臭い対策をご紹介します。

キスが臭い原因は?

キスが臭い原因を探そう

キスが臭いかも?と思う瞬間、心当たりがあるのはどんな事でしょう?
原因によって対策が変わってきますので、まずはキスが臭くなる原因を考えてみましょう。

ニンニクなどの食事が原因

まず考えられるのは、食事が原因の場合です。
ニンニクやニラを多く使った料理を食べた直後や翌日は臭いが残っている可能性があります。

お酒・アルコールが原因

アルコールが苦手な人にとって、お酒の匂いはあまり心地の良いものではありません。人によっては一緒に飲んでいたのに、キスの時のお酒の臭いがするのは嫌だと言う人もいますから注意が必要です。

タバコが原因

最近の禁煙ブームであまり堂々とタバコを吸うことが出来なくなっていますが、日頃からタバコを吸う人はタバコの臭いがしています。
タバコを吸っていない人はほんの少しの臭いにも敏感なので気を使う必要があります。

虫歯や口腔内環境が原因

虫歯や歯周病など、そもそも口の中の環境があまり清潔でない場合にも臭いがする可能性が大いにあります。
歯磨きをしていても、虫歯がひどいと臭いが残ることがあります。

コーヒーが原因

コーヒーを飲むことで、一時的に唾液が減る傾向があります。
唾液が減ると、口の中の雑菌が増え、口臭の原因になるのです。

ブラックコーヒーよりもミルクや砂糖が入ったものの方が口臭の原因になりやすい傾向があるようです。出来るだけ飲むならミルクや砂糖を控え、飲み終わったら口の中のケアをしっかりするようにしましょう。

10秒でできる!?キス直前対策はコレ!

10秒でできる!?キス直前対策はコレ!デートでこれからキスするかも!?!?と言う時にサクッとできる効果のある臭い対策をご紹介していきましょう。

食事の最後は温かい緑茶を

もし、デートで食事したら、最後に温かい緑茶を飲むようにしましょう。
緑茶にはカテキンが入っており、臭いを抑える効果があります。

冷たい緑茶よりも温かい緑茶の方が、口の中に残った油を洗い流す効果が期待できますので、温かいお茶があるならそちらを選ぶようにしましょう。

マウスウォッシュや口すすぎをする

気休めと思わずにやって欲しいのが口すすぎやマウスウォッシュです。
口に残った食べかすは悪臭の原因になります。

トイレに行ったついでなど、口を軽くすすぐだけでもだいぶ違います。

リンゴ・柿などタンニンを含む果物をデザートにする

リンゴや柿に含まれるタンニンはにおいを予防する効果があり、体臭予防専用石鹸などにも含まれている成分です。

このタンニンが含まれている柿やリンゴをデザートに取ることでにおいを抑える効果を期待できます。

歯磨きティッシュを活用する

歯磨きまでできないけど、スッキリさせたい、そんな時に活躍してくれるのは歯磨きティッシュ。小さなお子さんや介護をされている方はご存知かもしれませんね。

歯磨きティッシュは子供やお年寄りでない人が使っても何の問題もありません。
忙しい時のためにバッグに入れておくと何かと便利です。

臭いを心配せずにキスしたいなら毎日の習慣を見直そう

臭いを心配せずにキスしたいなら毎日の習慣を見直そう

ここまではキスをするシチュエーションの直前に口の臭いが心配になったケースをご紹介してきましたが、もし、いつでも臭くないキスをしたいと思ったら、毎日の生活を気にするようにすると良いでしょう。

歯磨きはもちろん、歯と歯の間のフロス、舌磨きなどはおすすめです。

そしてこれが一番だと思いますが怠りがちですが、定期的に歯医者さんに行って歯石などを除去してもらいましょう。

口腔内の環境が整っていれば、急なキスでも怖くありません。
もし、歯医者さんに行く時間がない!という方がいるなら、ご自分で歯石を除去するセットもあるのでチェックしてみましょう。

嗅覚は感覚の中でも一番疲れやすい

嗅覚は、人間にもつ感覚の中でもすぐに環境に慣れてしまう、つまり疲れやすい感覚で、特に自分の周りの臭いには気がつきにくいものです。

新しい臭いを感じても数分で慣れてしまうとも言われる嗅覚。
自分の嗅覚だけに頼らず、自分はもしかして臭いのかもしれないという気持ちを持って生活するようにすると良いかもしれません。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

(Visited 18 times, 1 visits today)